身元保証人がいない場合は法律事務所相談しましょう

入院などで身元保証人を要求された場合、付き合いのある親戚がいる場合は良いですがいない場合は、友人などの身元保証人を依頼することは気が引けてしまいます。

断られて恥ずかしい思いをするよりは身元を保証してくれる会社や団体に依頼したほうが簡単で気を使い必要もありません。このような会社や団体は数が現在も増えているようです。

仕方なく依頼をして、料金が高かったり、料金表を見ても何のお金なのかわからない場合、弁護士や司法書士と提携しているが、どの程度責任を持ってくれるかわからない明確ではなく、そして実際に誰が保証人なのかわからないなど料金ばかりが高くて不明なところが多い場合がかなりあります。

身元保証人がいない場合に会員から預かったお金を使い込んで破綻した身元保証している悪質な協会もあり、また保証人になるためには会社員になる必要があるため入会時に100万円程度の入会費がかかる会社もあり、依頼するときは充分注意が必要です。

そして行政書士などがいる法律事務所などでは、できるだけ低価格で身元保証人になってくれるところがあり身元保証人を代行することで生じる問題点を事前の法律手続きで予防します。

具体的に「死後事務委託契約」を本人との間で締結します。万が一本人がなくなったとき葬儀や埋葬などの手続きをどうするか本人の希望を聞いて書面にまとめるもです。命に関わる危険な手術の場合はヒヤリングを行います。

そして財産があるような場合はこれとは別に遺言書を作成することをお勧めしています。身元保証人がいないからと言って安易なお金目当ての保証会社に依頼するのではなく行政書士の弁護士の所属す法律事務所に相談することが重要になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です