身元保証人の問題は高齢者にとって深刻な問題です

ずっと独身生活を続けてきた人や、子供もなく連れ合いを亡くした人など、単身の高齢者の数が年々増えていく中、深刻な問題になっているのが身元保証人の問題です。

単身の高齢者の多くは、親族と疎遠になっていたり、近所付き合いも希薄になっています。若いうちは快適に過ごしていたお一人様生活も年齢が進み高齢になると、様々な問題が起こってきます。住宅を引越したいと思っても、高齢の場合簡単に部屋を貸してくれる不動屋さんはなかなか見つかりません。

なぜなら部屋を借りるには身元保証人が必要になるからです。若いうちはまだ収入さえ安定していれば、保証会社を利用することも出来ますが、高齢者の場合は保証会社の審査に通ることが難しくなります。体調が悪くなり病院に入院しなければならなくなった時も、必要になるのは身元保証人です。

入院中や手術中に緊急を要することが起きた場合に、すぐ連絡がつく人が必要なためです。介護施設等入居にもほとんどの所で身元保証人が必要になり、単身の高齢者には、乗り越えられない壁になってしまっています。

最近では高齢者サポート事業を行う会社が増えており、入会金を収めることで様々なサービスを行っています。身元保証人代理はもちろんのこと、手術の立ちあい・通院への付き添い・退院後のケアー・介護施設への入居のサポート・亡くなった後の葬儀の手配まで、親族に変わってサポートしてくれます。

おひとり様の場合亡くなった後の片付けや、埋葬などが一番大きな問題です。サポート事業を行っている会社では、司法書士や行政書士の先生と連携しているため、書類的な手続きにもすべて対応してくれます。

高齢者の身元保証についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です