高齢者の身元保証団体

高齢者が賃貸住宅を借りたり、介護施設と契約する時も身元保証人が必要になります。

しかし高齢者で家族がいなかったり、家族はいても様々な事情によって頼る事ができないと身元保証人を用意できずに生活に困ってしまいます。こうした場合に身元保証を請け負ってくれる団体があるので、保証会社と契約する事で賃貸契約や介護施設の契約に困りません。

保証会社は保証人の代行だけでなく、普段の生活の支援や死後事務も行ってくれる会社や団体もあります。生活支援とは高齢者の健康の確認や健康面での相談などを受けてくれるサービスです。健康面だけでなく、生活のライフラインに関するトラブル対応や相談も生活支援に含まれます。

死後事務は葬儀から納骨までの手続きや遺品整理から医療費や家賃などの清算を行う事です。死後事務に関してはどうしても本人が行う事ができないので、頼れる親族がいない場合は死後事務を代行してもらえるように事前に契約しておくべきです。

保証会社と契約する時の契約料はサービスや会社によって変わってきますが、相場よりも高すぎる契約料で契約しないように注意が必要です。高齢者にとって身元保証をしてくれるサービスは生活する上で非常に便利です。

しかし契約料を支払った後に契約した会社や団体が破綻した場合はサービスを受けられなくなるだけでなく、支払った契約料も返金されない事がほとんどです。その為保証サービスを契約する時はサービスを提供している会社や団体の状況を少しでも詳しく調べてから契約するべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です