高齢者の身元保証をするサービスを提供する会社が増加

一般的に高齢者の身元保証は家族特に血族関係にある人が当たることが望ましいと言えます。

そもそもどのタイミングでこうしたことが問題になるのかですが、一般的には介護保険制度の利用特に施設系のサービスへの入居や在宅サービス等における利用料負担などで問題になり得ます。この他にも賃貸物件への入居などでその支払能力や万が一の時における連絡先で高齢者の身元保証が難しいと話が拗れたりします。

賃貸物件への入居では賃貸管理会社から家族などが身元に関する保証人になってほしいと言われるケースも多かったわけですが、昨今ではその身元に関する保証人に適当な家族がいなかったりあるいは関わりが薄れてきたりして依頼そのものが難しくなっていたりします。こうした問題もあって高齢者の身元保証を代わりに行う賃貸管理業者も現れている状況です。

賃貸管理については月額の家賃と一緒に徴収することで徴収漏れを防いだり、また万が一の時に対応できるようにしたりします。こうした業者の存在は家族関係が希薄な時代にあって必要とされるものになりつつあるわけです。ただこれらの業者に関することを定めた明確なルールがほとんどありません。

したがって現場でトラブルになるケースの懸念もあります。今後、少子化と高齢化による問題は全国で発生すると懸念されているところです。現実にはすでに起こりつつある問題ですが、法整備などでトラブルの予防などに対する動きになる可能性はあり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です