身寄りがない高齢者の身元保証を行う会社があります

少子高齢化一人暮らしの高齢者の数も以前と比較すると大幅にアップしているはずです。

有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、身元保証する協会は、高齢者が介護施設などの入居を希望しているが、入居時の「連帯保証人」や「身元保証人」となることで希望の施設に入居して安心安全な生活ができるように支援しています。この協会では公認会計士が、各種契約などの手続きが適切に行われているか監査を行っています。

第三者による監査を行い、お客様の財産や生活をより安全の守ることが可能です。身寄りがなく家族に頼めないと言った場合は保証人が大きな問題になります。保証人となると親戚や親しい友人でもなかなか引き受けてくれません。

身元保証する協会では希望者に概算の見積もりを掲示してや、申し込みの方法や審査の流れを説明し申し込みをしてから1週間程度審査がかかるはずです。審査が通れば会社の口座に入金をしていただいて、契約内容を公正証書で作成し身元保証契約、施設契約書調印、届け出などは行政書士がサポートが行います。

そしてアフターフォローも月に1度訪問して問題があった時はフォローをいたし、お電話での相談も随時受けております。身元保証をする協会では、高齢者や障害者の生活や生きがいづくりの支援、死後の事務の処理、葬儀納骨ならびに相続に関する調査、研究、支援、相続などの総合的なライフコンサルティングを行うことで人権擁護を図るとともに、本人及び親族の精神的、経済的負担を軽減しています。

高齢者の身元保証についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です