高齢者の身元保証の問題が解決されます

親族と疎遠のまま高齢を迎えた方が、身元保証人がいないため様々な問題に直面しています。

若い頃は自由できままな生活が成り立っていたおひとり様も年齢が高くなるつれ不安が広がっています。高齢のおひとり様の場合は、家を引っ越そうと思っても身元を保証する人がいないため、住宅を借りることが出来ません。

高齢者の場合収入がない理由で、保証協会の保証も受けられないとケースが多いからです。介護施設や病院に入院する時にも高齢者の身元保証人が必要になるため、高齢者のおひとり様には深刻な問題になっています。

こうした問題を解決してくれるのが、最近増えている身元保証人を引き受けてくれる団体です。一定のお金を預けることで、身元保証人、生活支援、葬送支援などを受けることが出来ます。

急に入院が必要になった時は入院時の身元保証人になり、希望があれば入退院の同行や手術時の立ち会いや付添もお願い出来ます。不動産探しや売却などの相談、住宅を借りる時の保証人、不動産屋への同行なども行ってくれます。

老人ホームの入居の相談にも応じてもらえます。高齢者にとって自分の最後をどう迎えるのかもとても大切なことです。亡くなった後の葬儀や家の片付けなど、本人の希望をきちんと聞き、準備も一緒に考えてくれます。

50代から入会する方も多く、毎月の積立プランを利用し、一万円ずつこつこつ積み立てている利用者も多くいます。おひとり様が安心して老後を暮らすためには、高齢者になる前に色々調べ、準備を始めることがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です